小児歯科

お子様の歯はまだ弱く、大人の歯に比べてむし歯の進行も早く、早期のケアで進行を防ぎ、むし歯にならないように予防することが必要です。子供の時のお口の中の環境は、大人になっても影響しますので、子供のうちにお口の中をケアしてあげることは、将来的にもお子様のお口の健康を守ってあげることにつながります。


カリエスフリー(詰め物がないむし歯ゼロの状態)

当医院では、乳幼児からブラッシング指導やフッ素塗布を行い、大人になってもカリエスフリー(詰め物がないむし歯ゼロの状態)の患者様を増やしたいと考えています。お子様がむし歯になって痛い思いをしないよう、お口の中を健康に保つためには、ご家族のサポートが必要です。

一人一人にあった予防プログラムのご提案

当医院では、まず、むし歯になる原因を調べ、その結果から、お子様一人一人にあった予防プログラムをご提案します。
そのうえでスタッフから、むし歯予防についてお話をさせていただき、医院とご家族の二人三脚で予防管理を行っていきます。

ホームケアとプロフェッショナルケアの併用

お子様のお口の中の健康を守るためには、ご自宅でのホームケアとクリニックでのプロフェッショナルケアのどちらも欠かすことができません。特に乳歯から永久歯に生え変わる小学生の時期はケアが難しく、ホームケアだけではむし歯を予防しきれないことが多いので、ぜひプロフェッショナルケアをとりいれていただければと思います。

子供の歯科治療の流れ

0~2歳のお子様

受付

問診表などのご記入をお願します。

カウンセリング

ご記入いただいた問診票をもとに保護者の方にお子様の歯の状態についてお伺いしたり、お子様のお口の中を見せていただいたりしてカウンセリングを行います。その際、だ液検査やフッ素塗布についての説明もいたします。

メインテナンス

毎月1回メインテナンスを行いむし歯の発生、再発を防ぎます。フッ素塗布、歯ブラシ指導等行います。

3歳~小学生のお子様

受付、問診、診察

日頃の生活習慣をお伺いしたり、乳歯、永久歯の生え変わりなどもチェックします。

精密検査

お口の中の写真を撮影したり、だ液検査を行います。

検査結果のご説明

精密検査の結果をもとに、予防プログラムを作成し、ご本人とご家族の方に説明いたします。

歯ブラシ指導

歯ブラシ指導では、歯科衛生士が患者さんの口腔内の状態に合わせた指導をいたします。汚れがきちんと落ちる歯のみがき方を分かりやすくご説明いたします。


クリーニング(PMTC)

専用の機器を使ってご自宅では落としきれない汚れまで、綺麗にします。


メインテナンス

毎月1回メインテナンスを行いむし歯の発生、再発を防ぎます。フッ素塗布、歯ブラシ指導等行います。

お子様の歯を守るために
ご自宅で気を付けていただきたいこと

① 甘いものを長時間、何度も口にしない

甘いものを口にすると、むし歯菌が酸を出し歯が溶け出します。しばらくするとだ液の力により酸の中和と、再石灰化(溶け出したミネラルが歯の表面に戻る)が行われ、元の状態に戻っていきますが、甘いものを長時間口にしたり、1日に何度も口にしたりしていると、ずっと歯が溶け続いている状態になります。甘いものを全てやめる必要はありませんが、なるべく間食の回数を控え、規則正しい食生活を送ることで、お子様をむし歯から守ってあげましょう。

② 就寝1時間前から飲食は控える

寝ている間はだ液の分泌量が減り、むし歯の出す酸に抵抗する力が弱まります。寝る1時間前には、飲食を終らせましょう。

③ 8歳までは仕上げ磨きを

乳歯のお子様は、まだ自分できちんと歯を磨くことができません。8歳ぐらいまでは、ご家族の方が仕上げ磨きをしてあげてください。