メタルフリー治療(セラミック治療)

詰め物に金属を使わずに、ノンメタル(セラミックやレジン等)の素材を使う治療です。「銀歯」は、見た目の問題だけでなく、金属アレルギーの可能性、健康な歯との硬度、歯ぐきへの影響などの問題もあげられます。身体の健康を考える上でもメタルフリー治療は効果的です。

金属アレルギーとは

金属アレルギーとは、金属イオンが身体の中に入り、免疫細胞と過剰に反応することで引き起こされます。金属にはイオン化されやすい金属と、イオン化されにくい金属とがあり、金属アレルギーの起こりやすさは次の通りです。この中で、ニッケル、クロム、コバルト、銅などは歯科治療で多く使用される金属です。

金属アレルギーの起こりやすさ
ニッケル
クロム
コバルト

亜鉛
マンガン

プラチナ
チタン
高い やや高い やや低い 低い

※左にある素材ほど金属アレルギーを起こしやすく、右にある素材ほど起こしにくい

メタルフリー治療の主な素材

ジルコニア

強度としなやかさ、美しさを兼ね備えたセラミックの中のセラミックとも言える歯科材料です。オールセラミックにジルコニアを使用することで、従来のセラミックでの強度の心配がなくなり、奥歯や複数歯の連結されるブリッジなど使用範囲が大幅に広まりました。

オールセラミック

オールセラミックは金属を使わずに、特別な人口歯材料(セラミック)を用いて作りあげます。強度が強く色も自然に美しく作ることができます。金属を一切使用しないことにより天然の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。

ハイブリッドセラミック

オールセラミックの場合、材質が硬すぎるため噛む力がかかる奥歯などに使用した場合咬み合わせる自分の歯を傷めてしまうケースがあります。その欠点を改善したものが、ハイブリッドセラミックです。硬いセラミックに粘りのあるレジン樹脂を混ぜることにより咬み合わせる歯に優しく、奥歯に適した素材になりました。

メタルボンド

メタルボンドとは、金属のまわりにセラミックを貼り付けた被せ物です。中側が金属なのでオールセラミックより強度はあがります。表面はセラミックでできているので自然な色合いで審美性にも優れていますが、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や金属アレルギーが起きるケースもあります。比較的強度が必要な個所の治療に適しています。

治療方法について

インレー
(詰める)
軽度のむし歯の治療に使われます。
むし歯になった部分を削り、削った箇所に詰めるものが詰め物です。
アンレー
(覆う)
インレーよりも広範囲のむし歯治療の後に覆う詰め物です。
クラウン
(被せる)
むし歯の程度が大きく、インレーやアンレーでは
補いきれない場合の治療にむし歯を削った後、
人工の歯として使う被せ物です。

ホワイトニング

ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で行う「ホームホワイトニング」の2通りの方法があります。その他、神経を抜いてしまった歯の変色を治す「ウォーキングブリーチ」という方法があります。


オフィスホワイトニング
方法 歯に専用のホワイトニング剤を塗布して、
特殊な光を当てて歯を白くしていきます。
こんな方に 結婚式や面接などを控え、白さをすぐに実感したい方
ムラなくキレイに白くしたい方
マウスピースが苦手な方
手間がかかるのが苦手な方
期間 1回
価格 33,000円(税込)
ホームホワイトニング
方法 歯並びに合わせて作ったマウスピースに
専用のジェルを入れて歯に装着し、白くしていきます。
こんな方に 自分の生活のペースで徹底的に白くしたい方
即効性よりも持続性を重視したい方
根気強く続けられる方
期間 約2週間
価格 マウスピース込 27,500円(税込)
※追加の場合 1週間 5,500円(税込)
ウォーキングブリーチ
方法 歯の中にホワイトニング剤を入れて歯の内側から白くします。
白くなったら薬剤を除去し、歯に蓋をします。
こんな方に 歯の神経を抜いてしまった方
期間 希望の白さになるまで ※上限3回
価格 1本 5,500円(税込)

ホワイトニング後は、歯の表面を覆っている膜が一時的に剥がれ着色しやすい状態になっています。ポリフェノールなどを含む食品や、柑橘系等酸性の食品、炭酸飲料などは避けたほうがよいでしょう。また、たばこのヤニも着色の原因になるので、喫煙も避けましょう。